【Visual Productions】TIMECODEツールボックス 「TIMECORE」 !!!!

【Visual Productions】TIMECODEツールボックス 「TIMECORE」 !!!!

こんにちは、ツッキーです。今週はTIMECODEに関するあらゆるタスクをマルチにこなすデバイス、Visual Productions ”TIMECORE” を紹介します。

前面にはLEDディスプレイ
背面にEthernetポート、MIDI INOUT, SMPTE INOUT

TimeCoreは、安定したタイムコード信号を生成するタイムコードマスターとして使用できます。または、ユニットをタイムコードスレーブとして設定することもできます。大型のLEDディスプレイは、現在のタイムコードフレームをリアルタイムで読み取り表示します。

Ethernetポート、MIDI INOUT, SMPTE INOUTを備えており、MTC(MIDIタイムコード)とLTC(SMPTEタイムコード)、Art-netタイムコードなど様々な種類のタイムコードの相方向変換出力可能なタイムコードジェネレーターです
特筆すべきは現在徐々に浸透しつつある ”Art-netタイムコード”をサポートしているところです。
LANケーブル経由で同一ネットワーク上にある他の機器と簡単にタイムコード同期できるので、ARKAOS, BeyondなどのソフトやGrandMAなどの照明卓とも簡単にタイムコード制御できます。

もちろん、異なるフレームレート(24、25、29.97、30)間で変換することもできます。

他のVISUAL製品と同じくUDP、OSC、TCPなどのネットワークプロトコルもサポート!!


タイムコードを使ってのショーコントロールに1台あれば役に立つこと間違いなしです!!

次回はウォールマウントボタンパネルB-Stationを紹介します。

3/26(木) 機材塾予約2/15受付開始

CTA-IMAGE PA現場で使えるAbleton Liveポン出し活用術!
DAWで広く使われる人気ソフトウェアABLETON LIVEを、PA現場での効果音やSEポン出しに活用するテクニックや周辺機器との連携をご紹介します。