月曜ZERO88講座其の7【フィクスチャーのHOME値(ロケート)設定について】

月曜ZERO88講座其の7【フィクスチャーのHOME値(ロケート)設定について】

こんにちは、ライヒーです。引き続きFLXでの使える機能特集として、今回はZERO88卓のHOME値(一般的にはロケート)の設定に関して書きたいと思います。

HOMEとは

卓にパッチしてあるフィクスチャーに対しコントロールするフィクスチャーを確認する最も簡単な方法はそれらをHOMEにする事です。
デフォルトではポジションを50%に、ディマーを100%に、ビームをホワイトに設定します。ズームがあれば50%に。これは素早くフィクスチャーをオンにする方法でもあります。

ZERO88卓のHOMEボタン

HOMEにするフィクスチャーボタンを選択してからHOMEボタン(FLXSシリーズVer7.9.5以降はタッチモニター上部にあり。)を押すだけで選択したフィクスチャーはHOME値になります。
BEAMやCOLORなどのアトリビュートボタンを押した後にHOMEボタンを押す事で、固有のアトリビュートだけをHOMEする事もできます。(例えば EFFECT+HOMEなど)

Record Homeボタンの出し方

HOME値は、希望するライトの状態をHOME値にカスタマイズする事もできます。
RECORDボタンとHOMEボタンを同時に押すと、卓のタッチモニターに下の画面が表示されるので、ライトを希望の状態にしてからHOMEをタッチすると、その状態がHOMEとして保存されます。 

注意
パレットを使用してHOME値を作成すると、それらのパレットが参照されます。つまりHOME値の作成に使用したパレットを更新すると、HOME値も自動的に更新されます。

同様にこの画面ではでDefaultとMaxLevelも設定する事ができます。
Defaultとはフィクスチャーボタンで選択しただけの時の状態。
Maxlevelは各アトリビュートの値の上限値を決める事ができます。(例えばフェーダーをフルに上げても80%までにしかならない等) 
Delateボタン+HOMEボタンでHOME値は削除する事ができます。
ただしこの操作は元に戻せないので注意ください。

ZERO88卓のHOME設定の参考にしてみてください。

3/26(木) 機材塾予約2/15受付開始

CTA-IMAGE PA現場で使えるAbleton Liveポン出し活用術!
DAWで広く使われる人気ソフトウェアABLETON LIVEを、PA現場での効果音やSEポン出しに活用するテクニックや周辺機器との連携をご紹介します。