ワイヤレスマイク 旧スプリアス規格製品に関するお知らせ

ワイヤレスマイク 旧スプリアス規格製品に関するお知らせ

おはようございます、ふっじーです。
予てから各社音響メーカー様のHP上でも案内されている
旧規格のワイヤレスマイクのご使用期限についてご案内致します。

不必要な電波(不要電波)をできる限り低減させることによって、電波利用環境の維持、向上及び電波利用の推進を図るため、WRC(世界無線通信会議)において、無線設備のスプリアス発射の強度の許容値に関する無線通信規則(RR)の改正が行われました。
総務省では2005年12月に無線設備規制(昭和25年電波監理委員会規則第18号)を改正しました。電波法により定められた強度の許容値を超えてしまう旧スプリアス無線機の使用は2022年11月30日迄となります。
これに伴い弊社が過去に販売しましたSEIDEワイヤレス製品の一部の機種が対象となります。

SEIDE ワイヤレス送信機 旧スプリアス認証番号

品番旧価格の認証番号
SW800M全数
SW800MⅡ001YEA3030675~3030776
001YEA3032825~3032924
SW800T全数
SW800TⅡ001YEA3029443~3029542
001YEA3030415~3030514
001YEA3031142~3031241

旧規格の特定小電力無線機器を使用期限を超えて使用した場合、電波法違反になり、罰則・罰金(1年以下の懲役または100万円以下の罰金)の対象になりますので、お早目の買い換えをご検討ください。

お使いのワイヤレス送信機の品番及び認証番号のご確認方法

弊社にお問い合わせを頂きましてもお調べさせていただきますが、
総務省の電波利用ホームページで簡単にお調べすることができますので
ご覧ください。

上記のサイト上で赤枠にお使いのワイヤレス技適認証番号を入力
(弊社SEIDEワイヤレスの技適認証番号を入力)

画面を下にスクロールして送信ボタンをクリック

すると、お使いのワイヤレスマイクが旧規格に該当するか確認ができます。

品番で検索する際は上記の赤枠に記入して確認もできます。

先日も取引会社様より現在会議室でご使用されているワイヤレスマイクの旧スプリアス規格に関連して入替えのご相談を頂きました。最近は問い合わせも徐々に増えてきておりますので、学校やホテル宴会場、会館やホール等、身近にお取引されているユーザー様がおられましたら是非1度ご確認くださいませ。

ご不明な点がありましたら弊社営業部までお気軽にお問い合わせくださいませ。