【SUNLITE SUITE3】フィクスチャーのデータを作成してみよう!!

【SUNLITE SUITE3】フィクスチャーのデータを作成してみよう!!

皆さん、こんにちはサテライト齋藤です。
いよいよSUNLITE SUITE3のソフトの説明に入りますが、今回はパッチ、、、の前のお話になります。

SUNLITE SUITE3に関する記事はこちら

SUNLITE SUITE3を操作するためには、フィクスチャーのデータをソフトウェア側に反映させる「パッチ」という作業が必要となります。
「パッチ」の際に必要となるのが「フィクスチャーデータ」です。

SUITE3では最初から複数の種類のフィクスチャーデータが内蔵されていますが、新商品などでSUITE3内にデータがない場合、フィクスチャーデータを自分で作成する必要があります。

今回は、フィクスチャーのデータ作成方法をお伝えいたします。

作成のためのソフトが【SCAN LIBRARY】というものになります。

SUITE3メイン画面

最初にソフトを立ち上げた画面で【OTHER WINDOWS】タブからを【SCAN LIBRARY】を選ぶことが出来ます。

【SCAN LIBRARY】の項目を選択いたしますと、上記画像のようにソフトが立ち上がります。

SCAN LIBRARYメイン画面

こちらがメインの画面となります。ここから任意のフィクスチャーデータを作成できます!!

それでは今回試しに「DIMMER」「R」「G」「B」の4CHのフィクスチャーデータを持つフィクスチャーを作成していきましょう!!

DIMMERアイコンをドラック&ドロップ

フィクスチャーのアトリビュートを左上のアイコンボックスから選択し、ドラック&ドロップで真ん中の【MODE】の項目へ移動させます。
DIMMERのアトリビュートは太陽のアイコンをドラック&ドロップしてください。

DIMMERを移動させますと上の画像のように1CH目にDIMMERが認識されます。しかし、このままではエラーのメッセージが出てしまいます。

DIMMERの種類を選択

エラーを解消させるには【PRESET】からDIMMERの種類を選択し、ドラック&ドロップしてください。上記の画像の場所へ移動させます。
DIMMERの調光の種類は複数ありますが、通常はDIMMER LINEARで大丈夫です。

こちらで1CH目のDIMMERを選択することができました!

続きまして「R」「G」「B」 を設定します!

R G Bのアイコンをドラック&ドロップ

R G Bのアトリビュートは三原色のアイコンをドラック&ドロップしてください。

こちらで一旦フィクスチャーデータは完成です。

EASY VIEW2表示方法の編集

上記の画像の赤丸の部分でフィクスチャーのモニターソフトのEASY VIEW2での表示の仕方を編集することが出来ます。

データを保存

FILE】から【SAVE】でデータを保存して完成となります。

今回のブログではご説明は一旦こちらで終わりにいたします。

次回は更に詳しくご説明をします。
では皆様よい一日を!

2/13(木) 機材塾予約受付中

CTA-IMAGE Danteセミナー スイッチ基礎と応用編
ネットワークスイッチはDanteシステムの中枢部分を担う重要な役割を果たしております。今回のセミナーは、スイッチの仕組みや導入のための基準から各種最適化機能や一部の高度な設定までご紹介します。