【Sunlite Suite3】CYCLEに楽曲ファイルを貼ってみよう

【Sunlite Suite3】CYCLEに楽曲ファイルを貼ってみよう

こんにちはサテライト齋藤です。
以前の記事でCYCLEに触れた際、音声ファイルや映像ファイルを貼ることができるとお伝えしましたが、今回は音声ファイル(楽曲のファイル)を貼ってみたいと思います。
SUITE2まではWAVファイルしか貼ることができませんでしたが、SUITE3ではMP3ファイルも貼ることができます。
また、このオーディオ機能はSUITE3上で制限のないSUNLITE-ECのフルバージョンでご利用ができます。

CYCLEについての記事はこちら
【Sunlite Suite3】CYCLEを使ってみよう

CYCLEボタンを作成する

今回もDEMOファイルを使用しご説明いたします。
まず上の画像の赤い丸印のNEW CYCLEを選択してください。
選択すると、マスターのページに新しいCYCLEボタンが作成されます。

タイムライン

上画像の左側の赤丸にCYCLEのタイムラインが表示されます。
タイムラインは、黄緑色の丸の画面拡張ボタンを押すことにより拡張できます。

タイムラインを拡張いたしますと上の画像のような画面が表示されますが
タイムラインに貼る楽曲の終わりの時間に合わせて
上の赤丸のEND TIMEを調節してください。

楽曲を挿入する

SUITE3をダウンロードした際、周辺のソフトが一緒にローカルディスクの階層にダウンロードされています。そこからSS3フォルダMULTIMEDIAフォルダを開いていただき、CYCLEに挿入したい楽曲をフォルダに移します。
この作業をすることによりソフトと楽曲を紐づけできます。

先ほど楽曲ファイルを挿入したフォルダから、黄緑色のタイムラインに楽曲のファイルをドラック&ドロップします。
そうしますと、赤丸のメッセージの楽曲のウェーブフォームをスキャンしますか?
をメッセージが出ますのでYESを選択します。

続いてビートを検出しますか?と確認が出ますので
YESを選択します。

これでCYCLEに楽曲ファイルを貼ることができました。
ちゃんと楽曲のウェーブフォームも表示できてますね!

音楽に合わせて照明を操作したい。。。!
そのような場合は、こちらの機能を使えば可能ですので、ぜひ活用してみてください。

3/26(木) 機材塾予約2/15受付開始

CTA-IMAGE PA現場で使えるAbleton Liveポン出し活用術!
DAWで広く使われる人気ソフトウェアABLETON LIVEを、PA現場での効果音やSEポン出しに活用するテクニックや周辺機器との連携をご紹介します。