【Wharfadale-pro 】ラインアレイシステム WLA28 Seriesについて Vol.2 【WLA15Bのご紹介】

【Wharfadale-pro 】ラインアレイシステム WLA28 Seriesについて Vol.2 【WLA15Bのご紹介】

寒さが一番厳しくなるこの時期、春が待ち遠しいナカムーです。

本日はWharfedale-Pro ラインアレイシステム ベースユニット WLA15Bをご紹介させて頂きます。

前回の記事でご紹介いたしましたWLA28と組み合わせることが出来る15インチユニットを1本搭載しましたベースユニットとなります。

仕様は下記をご覧ください。

形式15in Sub
周波数特性(-10dB)35-900Hz
定格入力(RMS)700W
PGM1400W
PEAK2800W
能率99dB
最大音圧133.5dB
指向角度
クロスオーバー
抵抗値
入力端子2xNL4

次に製品画像をご覧ください。

WLA15Bフロント画像
WLA15Bリア画像

オプションのスタック金具 WLA-SL1を利用すればグランドスタック時にWLA28を10度下向きに角度調整が可能となります。

WLA-SL1の画像は下記になります。

グランドスタックの際、WLA28と接続するWLA15B側の金具を下記画像の金具と付け替えて頂く必要が御座います。向かって左側と真ん中の金具がフロント側の金具で右側がリア側の金具となります。

WLA-SL1

下の画像はWLA-SL1を使用し10度下向きにスタックした際の画像です。

WLAユーザーネットワークから参照 ホテルアトールエメラルド宮古島様設置画像

WLA-SL1を用いることでステージ手前の客席の音の見切れを防ぐことが出来ますので便利なアイテムかと思います。

下振りにした場合は重心が前に傾く事になりますのでラッシング等の転倒防止策は必ずお願いします。

本日はここまで。

以上、ナカムーでした。