【Visual Productions】スタンドアローンコントローラーCUECORE2とは?その2

【Visual Productions】スタンドアローンコントローラーCUECORE2とは?その2

こんにちは、ツッキーです。今週はVisual Productions CUECORE2本体にの照明シーンの素材になる、DMXショーを記録する方法をご紹介します。
前回の記事:スタンドアローンコントローラーCUE CORE2とは?

CUECORE2 製品詳細はこちら

CUECORE2は 本体に直接DMXショーを以下の3通りの方法で記録する事が可能です。

1.バンドルされている専用照明コンソールソフト”CUELUX PRO”で作成したDMXショーをCUECORE2本体に落とし込む(ダンプする)。

CUELUX PRO

“CUELUX PRO”はキューリストベースの照明コントローラーソフトなので、日頃AVOLITEやGrandMAなどを使っている方なら簡単に使いこなせます。ElationのMIDICON PROなどのMIDIコントローラーに繋げると、実際の照明卓のように操作できます。

2.ウェブインターフェイスのTrackページでシンタックスコマンドで直接DMXの値を入力し記録する。

シンタックスコマンド画面

3.外部照明卓からのDMXレコーディング。


CUECORE2は本体にA,B 2つの入出力選択可能なDMXポートを備えております。DMXポートまたはEtherNetポートからArt-net,sACNを使用しレコーディングします。

CUECORE2は2Universe, QUADCORE は4Universeの同時マルチユニバースレコーディングが可能です。ユニバース数が足りない場合は複数のCUECORE2をマスタースレイブ接続する事も可能です。

マスタースレイブ接続

上記の各方法でCUECORE2本体に記録したDMXプログラムは素材として、Trackページに保存されます。

Trackページ

次週はCUECORE2の兄弟分的製品のQUADCOREを紹介できればと思いますので、よろしくお願いします。

9月の機材塾

イベントシーンにおける4K HDR活用術

「イベントシーンにおける4K HDR活用術」と題して、フルHDと4Kを同時に扱う映像演出を紹介いたします。
4K HDR 画質にアップグレードが可能なマルチフォーマットビデオスイッチャー「V-600UHD」や、マルチフォーマット AV ミキサー「VR-50HD MKⅡ」も併せてご紹介します。

機材塾の詳細・予約受付はこちら