【SCAN LIBRARY】16bit対応フィクスチャーを作ってみよう

【SCAN LIBRARY】16bit対応フィクスチャーを作ってみよう

すっかり涼しくなりまして、東京でも夕方にはちょっとした草むらで虫の鳴く音が聞こえるようになりました。
こんにちはサテライト齋藤です。

前回に引き続き、任意のフィクスチャーデータを作るソフト【SCAN LIBRARY】についてご説明します。

前回の記事はこちら

今回はフィクスチャーの中でも16bitのアトリビュートを持つフィクスチャーのデータの作成方法をご案内いたします。

今回はPAN/TILT DIMMER RGBをそれぞれ16bitに変更してみたいと思います。

まず前回の記事で紹介した方法でフィクスチャーデータを作成します。

例えばPANを16bitにします。
PANのアトリビュートのところで右クリックをするとメニューが出てきます。メニューの1番下の【16bit】を選択します。

すると【μPAN(マイクロパン)】という項目が作成でき
16bitのPANを作成できました。

同じ方法で16bitのTILT DIMMER RGBを追加

同じ方法でTILT DIMMER RGBなどを16bitにすることが可能です。

今回のブログはここまでです。
また、来週登場いたします!!

3/26(木) 機材塾予約2/15受付開始

CTA-IMAGE PA現場で使えるAbleton Liveポン出し活用術!
DAWで広く使われる人気ソフトウェアABLETON LIVEを、PA現場での効果音やSEポン出しに活用するテクニックや周辺機器との連携をご紹介します。