Wharfadale-pro VersaDrive Series のご紹介 vol.3【PCソフトウエアについて】

Wharfadale-pro VersaDrive Series のご紹介 vol.3【PCソフトウエアについて】

ご無沙汰しておりますナカムーです。

Vol.3の今回は、いよいよVersaDriveSriesのPCソフトウエアについてお話しをさせて頂きます。

【VersaDrive Seriesのご紹介 】まとめはこちら

まず、前回の記事でご紹介させて頂きました方法でPCとプロセッサー本体を接続しPC側のアプリケーションを立ち上げます。

立ち上がりますと上の画像が表示されます。
※画像はSC-48のProcessor Editorの画像をチョイスしてます。
本体に接続していない状況下でスクリーンショットを取ってますので右上の右端のコマンドがOfflineになってます。
機器に接続されていればOnlineになりますので、機器を接続してもOfflineの状態になるようであれば、何か設定が間違っていると思われます。

では、今回は画像の赤枠で囲った部分を見ていきたいと思います。

まずはFileから。
これはPCに保存したパラメータを呼び出す際に使用します。PC操作ではお馴染みなので省略します。

Linkは名前の通り、INPUT OUTPUTのLinkを設定します。
全INPUT OUTPUTの状況が確認出来るので便利ですね。

Copyは例えばIN A OUT1で設定したパラメーターの内容をほかのIN OUTへCOPYが出来ます。

Lockは機器のパスワードの設定です。設定したパスワードはメモを取るなどして忘れないようにしてください。 

Setting ID/IPは機器のID番号の割り振りとIPアドレスの設定コマンドです。ID番号は複数台のプロセッサーの接続に使います。

TEST TONEはPinkNoise WhiteNoise SineWaveの信号がOUTPUT出来ます。

もちろん、各INPUT OUTPUTの名前も変更できます。

RS232のピン配列はHelpをご覧下さい。

AboutはProcessor Editorのソフトウェアバージョンが確認出来ます。

以上、SC-48 Processor Editorのご紹介でした。
次回も引き続きSC-48 Processor Editorのご紹介をさせて頂きます。

では、また次回お会いしましょう。

3/26(木) 機材塾予約2/15受付開始

CTA-IMAGE PA現場で使えるAbleton Liveポン出し活用術!
DAWで広く使われる人気ソフトウェアABLETON LIVEを、PA現場での効果音やSEポン出しに活用するテクニックや周辺機器との連携をご紹介します。