VisualProductions ウェブインターフェイスのご紹介

VisualProductions ウェブインターフェイスのご紹介

こんにちは、ツッキーです。
VisualProductionsの製品については一通りご紹介させていただきましたので、今回はVisualProductions製品のウェブインターフェイスを紹介させていただきます。
下記リンクより、ウェブインターフェイスのデモ版を実際に使用する事ができますので、一度お試しください。

Demo units online

http://forum.visualproductions.nl/forum/index.php?topic=2487.0

ウェブインターフェイスの使用方法

VisualProductionsの製品のユーザーインターフェイスは、Google ChromeやSafariなど普段ご使用のウェブブラウザーのURLにVisual Productions製品のIPアドレスを入力する事で使用する事ができます。

ウェブインターフェイスの画面構成

ウェブインターフェイス画面はHOME, PLAYBACK, TRACK, SHOWCONTROL, MONITOR, SETTING, ABOUTの7つのタブで構成されています。

HOME画面

HOME画面は現在のインターフェイスの状態を確認する画面で、設定などを直接編集することはできません。

PLAYBACK画面

PLAYBACK画面は6個のプレイバックにCUE LISTを組み立てていき、DMXショーを構成していく画面です。各プレイバックは同時再生可能です。

Track画面

Track画面はDMXショーのレコーダー画面となっており、DMXショーの素材はこちらの画面にTrackとして格納され、 レコードしたTrackはPlayback画面でCuelistとしてDMXショーを構成します。
Staticシーンをシンタックスコマンドで直接ん力することもできます。

SHOWCOLTROLページ

SHOWCOLTROLページはVISUALPRODUCTIONS製品の肝となる画面で、こちらのページで、様々な信号の入出力のルーティングを設定したり、スケジュール再生の設定などを行います。

MONITORページ

MONITORページは様々な信号をモニターする画面です。
例えばDMX信号がちゃんと出力されているか、接点信号はちゃんと入ってきているか、など確認できるので、トラブルシューティングの際に役立ちます。

是非一度、このデモユニットをお試しいただき、VISUALPRODUCTIONS製品の可能性を模索していただければと思います。


3/26(木) 機材塾予約2/15受付開始

CTA-IMAGE PA現場で使えるAbleton Liveポン出し活用術!
DAWで広く使われる人気ソフトウェアABLETON LIVEを、PA現場での効果音やSEポン出しに活用するテクニックや周辺機器との連携をご紹介します。