月曜ZERO88講座其の12【FLXのDMX信号の数値を変える裏技】

月曜ZERO88講座其の12【FLXのDMX信号の数値を変える裏技】

こんにちは、ライヒーです。今年もZERO88ネタを書いていこうと思います。
以前、現場にFLXを納品した際に、どうしても相性が良くないと思われる機材があり、FLXの通信内容が変更できるモードがあったらな~と思い、いろいろ調べてましたらありました。
ソフトウェアで数値変更できるわけではありませんが、その時に試した方法を紹介したいと思います。
これも以前まで書いておりましたFLXSシリーズでは設定できなく、FLXのみで実践できるシリーズです

まずは上の写真の様にENNTECのDMX USB PROをFLXのUSBポートに接続します。
接続してから電源を入れると、

起動時のイニシャライズでEnttecデバイスを認識します。

SETUPボタン→Deviceの項目へ進んで行くと、通常使用している限りでは絶対に現れないシリアルナンバーが下の画像の様に表示されるようになります。

FLXは本体にDMX5ピンアウトを2個備えており、デフォルトの信号内容はリフレッシュレート29Hz BREAK 118μs MARK AFTER BREAK 17μsになりますが、ここでこの3種類の通信内容の変更が可能です。

ここで変更できる数値はあくまでDMX USB PROから出力される数値でFLX本体から出力される数値はそのまま出力されます。 
出力するUniverseもここでいろいろ変更が可能なので、現場のパッチデータに沿って、DMX USB PROから出力するUniverseを決めれば、現場トラブルの特定の確認もできたり、DMX USB PROを持っている方でしたらFLXのDMXアウトを物理的に1個増やす事もできます。画像では3ユニバース目と設定しています。

画像ではBREAK timeが9になっていますが、ここに入力できる範囲は9‐127となり、実際には195μS前後の数値になります。

以上FLXのDMX信号の数値を変更する方法の紹介でした。 

3/26(木) 機材塾予約2/15受付開始

CTA-IMAGE PA現場で使えるAbleton Liveポン出し活用術!
DAWで広く使われる人気ソフトウェアABLETON LIVEを、PA現場での効果音やSEポン出しに活用するテクニックや周辺機器との連携をご紹介します。