Visual Productions 講座 其の2【スケジュール機能について】

Visual Productions 講座 其の2【スケジュール機能について】

こんにちはツッキーです。今回はCUECORE2のスケジュール機能について詳しくご説明します。

CUECORE2QUADCOREはShowControlページのスケジューラー機能を使用して、時間、日付などに基づいた様々なトリガーをかけることができます。

ShowControlページのスケジューラーアクションの追加方法
スケジューラーアクションEDIT画面

スケジューラーアクションのTRIGGER TYPEは以下の6種類があります。

Weekday And Time : 週間ベースで設定できます。

WeekdayAndTime

Time And Date : 具体的な年月日、時間を設定しトリガーします。年月日をXXで入力すると年月日関係なく時間のみが有効となります。

TimeAndDate

③ ④SunriseSunset : 日の出、日の入り時間でトリガーをかけます。オフセット時間を設定し、日の出から何時間前、何時間後などの設定も可能です。
SettingページのLocationでLatitude(緯度)、Longitude(経度)、UTC( 協定世界時 :日本は+9)を入力すると、自動的にSunrise, Sunset時間が表示されます。

SettingページのLocation

Daylight Saving Time : アメリカ、ヨーロッパの夏時間軸でトリガーします。※日本では夏時間、冬時間の区別がないので関係ありません。

Time Span : タイムスパンを使用して、期間を定義できます。 例えば、クリスマス休暇または会場の毎日の営業時間など。
タイムスパン は4つまで設定可能です。
タイムスパンの開始または終了中にCueCore2 / QuadCoreの電源を入れ直す場合、ユニットの電源が投入されるとすぐにトリガーが起動します。

SettingページのTimeSpan

以前ご紹介したタイムサーバー設定方法と組み合わせて、正確で多様なスケジュール再生をお試しください。

3/26(木) 機材塾予約2/15受付開始

CTA-IMAGE PA現場で使えるAbleton Liveポン出し活用術!
DAWで広く使われる人気ソフトウェアABLETON LIVEを、PA現場での効果音やSEポン出しに活用するテクニックや周辺機器との連携をご紹介します。