【Sunlite Suite3】RGBフィクスチャーでRAINBOWエフェクトを使ってみよう その1

【Sunlite Suite3】RGBフィクスチャーでRAINBOWエフェクトを使ってみよう その1

こんにちは サテライト齋藤です。

RGBのフィクスチャーをパッチしたプログラムを利用して
RAINBOWエフェクトを気軽に作ってみましょうのコーナーです。

これまでのSUNLITE SUITE3に関する記事はこちら


今回は新しいシーンでRAINBOWエフェクトスイッチをつくってみましょう。
まず上の画面の赤丸のNEW SWITCHを押し、スイッチを追加します。

1から新しいシーンを作成しますので
EMPTYを選択、OK+EDITを選択いたします。

EASY TIMEの作成画面

シーンボタン編集画面で赤丸のRGBのフィクスチャーを選択し、
タイムラインの左へ、ドラッグ アンド ドロップしてください。
SUITE3には様々なシーン編集の画面がございますが
今回はEASY TIMEを使用します。

EASY TIME のEFFCTSアイコン

EASY TIMEでの編集作業は、タイムラインの左側の
EFFECTSアイコンをタイムラインにドラック アンド ドロップすることにより行います。

様々なエフェクトがございますが今回はCOLORを選択します。

COLORエフェクト編集画面
COLORエフェクトの種類

エフェクトの中からRAINBOWのエフェクトを選択してください。
カラーのエフェクトにはRAINBOWのほかにも、様々な効果を及ぼす、エフェクトがあります。
こちらのエフェクトの種類とエフェクトの編集補法は次回ご説明いたします。

タイムラインにエフェクトをあてがいますと操作は完了です。
SAVEを押して操作を完了いたします。

シーンのエフェクトボタンが完成しました。
シーンボタンの名前をシフトを押しながら右クリックをして
「RAINBOW」と名前を変更しておきます。

シーンのボタンをクリックすればDMXが出ます。
このようにRAINBOWを作成できます。

ここまで操作できますと
もっと違う色のRAINBOWや、もっとフェードする色の種類を多くしたい!と思う方もいらっしゃるかと思います。
そちらは次回説明していきますのでお楽しみに!
ではまたお会いしましょう。

この記事の続きはこちら
【Sunlite Suite3】RGBフィクスチャーでRAINBOWエフェクトを使ってみよう その2 

3/26(木) 機材塾予約2/15受付開始

CTA-IMAGE PA現場で使えるAbleton Liveポン出し活用術!
DAWで広く使われる人気ソフトウェアABLETON LIVEを、PA現場での効果音やSEポン出しに活用するテクニックや周辺機器との連携をご紹介します。