月曜ZERO88講座其の10【ZERO88 拡張フェーダーWING】

月曜ZERO88講座其の10【ZERO88 拡張フェーダーWING】

こんにちは、ライヒーです。この講座ではFLXSではできなくて、FLXで使える機能を紹介してきましたが、今回はFLXで使用できる拡張フェーダー【WING】をご紹介したいと思います。

FLXでのみ使える機能についての過去記事はこちら
月曜ZERO88講座其の8【RemDimの設定】
月曜ZERO88講座其の6【HighLightの設定方法について】
月曜ZERO88講座 【PCバックアップシステム TrackingBackupの設定方法】

拡張フェーダーWING

24 本のフェーダーの下にあるボタンにフィクスチャーを1台ずつパッチしていき、フェーダーはそのフィクスチャーのディマーに対応しています。
本体の右側のFaderfunctionボタンでフィクスチャー操作とプレイバックを切り替えられます。
Faderfunctionボタンの下には、ページ切り替えボタンが付いており、フィクスチャーは99ページ、プレイバックページは10ページあります。 (FLXのプレイバック総数は240)

WINGは、最新のソフトウェアを実行するZerOSコンソール、またはオフラインPCエディターであるPhantom ZerOSに接続して、利用可能なプレイバックフェーダーの数を増やすことができます。 WINGは、 USB経由でFLXと接続するだけで使用可能です。 ボタンでフィクスチャー操作とプレイバックをすばやく切り替えることができ、ページアップボタンとダウンボタンを使用して、コンソール上のすべてのパッチ済みチャンネル、またはプレイバックの各ページを切り替えることができます。 複数のFaderWINGを使用する場合は、各FaderWINGを異なるページに設定するだけです。 
またWINGはSolutionSolution XLでも使用可能です。

「PhantomZeros」でWINGを使用する場合

「PhantomZeros」は、オフラインで使用可能なPCエディターソフトです。

PhantomZerosのダウンロードはこちら

オフラインPCエディターのPhantomZerosで使用する場合は、専用ソフトウェア、PhantomZerosをWindows PCにインストールし、USBポートにWINGを接続します。(ただしWINGのフェーダーの動きとページ表示はPCソフトウェア上のフェーダーの動きとリンクしません。) 
PCからARTNET経由でDMXを出力する為には別途、出力を解除する為のアンロックドングルと任意のARTNET Nodeが必要です。

本体価格

・WING 定価27万円  
・アンロックドングル 定価12万円

WINGを使った実例は後日また書いていきたいと思います。

3/26(木) 機材塾予約2/15受付開始

CTA-IMAGE PA現場で使えるAbleton Liveポン出し活用術!
DAWで広く使われる人気ソフトウェアABLETON LIVEを、PA現場での効果音やSEポン出しに活用するテクニックや周辺機器との連携をご紹介します。