【TIMECORE】Art-netタイムコードでレーザーショウを制御可能です。

【TIMECORE】Art-netタイムコードでレーザーショウを制御可能です。

こんにちはツッキーです。今週は弊社でも「BEYOND Essentials FB3」など取り扱っております、アメリカのレーザーのカンパニー「PANGOLIN」がVISUALPRODUCTIONSの「TIMECORE」の取り扱いを始めたというニュースをご紹介します。

記事はこちら(英文)
Timecore – The Master of Timecode Tasks

なぜ「PANGOLIN」が「TIMECORE」の取り扱いを始めたのか?1番の理由はTIMECOREが”Art-net”タイムコードをサポートしているところにあるかと思います。

レーザーショウでタイムコードを使用するには、以前は TC4000を使用しSMPTE(LTC)のみをMIDIタイムコードにデコードし、BEYONDに入力していました。

Timecoreを使用すると、Ethernetポートを介してArt-netタイムコードを送受信できるようになります。
BEYONDソフトウェアを直感的にコントロールせずに、Art-netタイムコードを使用してすべてのレーザープロジェクターをArt-netタイムコード制御できます。

BEYONDソフトウェアは、Art-Netプロトコルを使用して通信が可能です。これにより、BEYONDソフトウェアを実行しているすべてのPCを制御し、Timecoreデバイスと同期させることが可能です。

またTimecoreはWebインターフェイスを備えているため、ネットワークからデバイスにリモートでアクセスして管理が可能です。

先週の記事で紹介した”KIOSC”で、オリジナルの”TIMEC CODEツールボックス”を組み合わせることでタブレットからショウを制御することも可能です。

PANGOLINレーザー製品でタイムコードの使用をご検討の方は、Timecoreの導入をご検討してみてはいかがでしょうか。

3/26(木) 機材塾予約2/15受付開始

CTA-IMAGE PA現場で使えるAbleton Liveポン出し活用術!
DAWで広く使われる人気ソフトウェアABLETON LIVEを、PA現場での効果音やSEポン出しに活用するテクニックや周辺機器との連携をご紹介します。