Wharfadale-pro VersaDrive Series のご紹介 vol.5【パラメーターの保存について】

Wharfadale-pro VersaDrive Series のご紹介 vol.5【パラメーターの保存について】

みなさん、ご無沙汰しております。ナカムーです。
寒さが増すこの頃ですが、皆様風邪などをひかないようご自愛下さい。

ついにラストを迎えましたVersaDrive Seriesのご紹介ですが、本日は作成したパラメーターの保存についてお話させていただきます。

【VersaDrive Seriesのご紹介 】まとめはこちら

前述でも節々に保存方法はお話しさせて頂いておりますので、復習がてら読んで頂ければと思います。

まず、はじめに作成したパラメーターをパソコンにとり込む方法からご説明いたします。

ソフトウエアの一番左上にありますFILEをクリックし、SAVEを選択します。

SAVEを選択しますと保存場所を求められますので、任意の場所を選択し、ファイル名を入力し保存します。

同様にパソコンに保存しているパラメーターを呼び出す場合はFILEから開くを選択しファイルを呼び出します。

一般的なパソコンのファイル操作と同じ作業ですので、特別な操作ではないと思います。

次に、VersaDriveへ書き込む方法に進みたいと思います。

VersaDrive本体に作成したパラメーターを書き込む場合は上記画像の赤丸印のStoreを選択します。

Storeを選択しますと、Store Presetの画面が立ち上がりますので、任意の場所を選択しFILE名を入力しOKを押せばUSBないしイーサネットケーブル経由で本体へ書き込みが出来ます。

同じく、本体からパラメーターを呼び出す場合は右隣のRecallを選択頂ければ呼び出しが出来ます。

万が一のこともありますので、バックアップの観点からパソコンとVersaDrive本体に同じパラメーターを保存していただくことをお勧めしております。

以上で、VersaDriveのご紹介は終了となります。

次回の記事からは、とあるスピーカーに焦点を当ててご紹介をさせて頂こうと思っております。

また次回まで、ナカムーでした。

3/26(木) 機材塾予約2/15受付開始

CTA-IMAGE PA現場で使えるAbleton Liveポン出し活用術!
DAWで広く使われる人気ソフトウェアABLETON LIVEを、PA現場での効果音やSEポン出しに活用するテクニックや周辺機器との連携をご紹介します。