【E-LITE】LEDテープライトシステムのご紹介

【E-LITE】LEDテープライトシステムのご紹介

皆さんご機嫌いかがでしょうか?
T島です。
先週のブログではPANGOLINのセール情報をお届けしましたがご覧いただけましたか?
まだの方はこちらよりご覧ください→PANGOLINセール

さて、本日はこの季節にあちらこちらで見られるイルミネーション にご使用いただきたい製品のご紹介をしようかと思います。
ただ…このタイミングじゃ遅いと思われる方もちらほらちらほら…
そんなことはわかりつつも舞台仕込み等にもご使用いただける商品なので紹介しましょう!!!

それがこちら!!!

E-LITE/TAPE LIGHT

テープライトです。
ちなみにわが社では4つのバリエーションを展開しております。
以下をご確認ください。

これらの違いというのが
まずはRGBかRGBW
そしてM単位のLEDの数が【30球】か【60球】
そして防滴かそうでないか

これらの違いから4つのバリエーションをご用意しております。
RGBWに関しては防滴かつ1Mに60球素子モデルのみとなっております。
RGBが3モデル、RGBWは1モデルのみということですね。

すべてに共通しているのは素子がド定番のSMD5050という素子を使用しております。
このSMD5050というのは5mm*5mmのチップLEDですが、定番で使用されるだけの明るさがございます。
テープ幅も定番の10mm幅ということで様々なシチュエーションでご利用いただけるのではないでしょうか?

そしてドライバーも取り扱いがあります。
それがこちら↓

なにも難しいことはございません。
電源ユニットとこのドライバーそしてテープライトを接続すれば光ります。
またこちらのTLDはDMXにも対応しております。

ちなみにRGBWモデルではM単位の消費電力が【17W/m】となっており、TLD4は出力が【12V/216W】となっているので単純計算で【12Vで12m】となります。

ですが…

距離が長くなればなるだけドライバーから離れた部分への電力供給が弱くなるため、きれいに確実に光らせようと思うと約8割程度の距離に押さえておくのがベターです。

なので10mに1台のドライバーをご用意ください。



そんなわけでテープライトを使用したいがよくわからん…
という方は一度ご相談いただければ皆様に素敵なテープライトライフをお届けできるかと思います。

さて次回のブログ更新はクリスマスとなっておりますがサンタクロースは現れるのでしょうか?
次週をお楽しみに…。

3/26(木) 機材塾予約2/15受付開始

CTA-IMAGE PA現場で使えるAbleton Liveポン出し活用術!
DAWで広く使われる人気ソフトウェアABLETON LIVEを、PA現場での効果音やSEポン出しに活用するテクニックや周辺機器との連携をご紹介します。